スマートフォン版に切り替える

出張、訪問福祉理容・美容サービス、
全国各地で絶大な信頼を受けております。

全国約700以上の施設・病院様、
年間約8万人以上の方にご利用いただいています。

ビーサポプレス

ビーサポプレス

2018年10月24日

20181024

RSウイルス感染症に注意

RSウイルスのひとつで、乳幼児が主にかかる風邪の原因ウイルスのひとつです。しかし、このウイルス、感染力がとても強く、何度も何度もかかります。そして、乳幼児だけでなく高齢者も注意が必要なウイルスで、呼吸困難を起こすなど重症化のリスクが高いそうです。
過去には、介護施設で集団感染をした事例もあり、感染症についての勉強会でも、よく名前を聞くウイルスです。
私たちが「風邪かなぁ」と思う程度の症状であったとしても、マスクもせず乳幼児・高齢者と接触したらどうなるでしょうか。免疫力の低い乳幼児や高齢者に感染したら・・・?と考えると、とても恐ろしいですね。
私たちの日常生活の中で、何気なくやっていること、些細な油断が、どれほど大きな問題を引き起こす可能性があるか、時々きちんと見つめなおす必要があると考えます。安心安全のため、常に勉強していきたいと思います。

2018年9月12日

20180912

細菌・ウイルスを除去するために

寒暖差が大きくなり、体調を崩しがちな季節です。私たちビーサポは、病院や福祉施設を訪問し、カットや顔剃りなどの理容・美容サービスをご提供しています。免疫力が低下している方も多いので、通常の美容院での施術以上に、衛生面に気を配っていかなければいけません。
お客様の肌に触れる私たちの手や指も、常に除菌を心がけています。ビーサポが使用しているのは、弱酸性調整次亜塩素酸水『pooky PRO care』です。食品添加物の次亜塩素酸ナトリウムをph調整したもので、高い除菌効果と消臭効果がありながら、小さなお子様やペットがいる空間でも使うことができるほど安全性が高いすぐれものです。
感染症やウイルスについての勉強も行い、そして感染を防ぐツールを取り入れ、より安全に安心してお任せいただけるようスタッフ一同頑張っています。

2018年4月23日

素敵な再会1

新年度、素敵な再会がありましたのでお話したいと思います。
その日も、いつものようにご挨拶をして中に入りました。すると「お久しぶりですね、お元気でしたか」と声をかけてくださるスタッフさんの姿がありました。いつものスタッフさんではなく…ハッとしました。定期的にお伺いしている別の施設の施設長をされていた方だったのです。異動でこちらに来られたそうで、とても驚きました。
前の施設にいらっしゃるときも、施術している私たちのことを気遣ってくださり、よくお声をかけていただいたので記憶に残っている施設長様でした。お話させていただくのは1年ぶりくらいでしょうか。覚えていてくださって、とても光栄でした。入居者様のために、また一緒にお仕事させていただけることが嬉しいです。
施設のスタッフ様と私たちの仕事では中身は違いますが、「入居者様のために」という気持ちはひとつだと感じています。「ビーサポさんなら安心ですね。これからもよろしくお願い致します」と言ってくださり、ひとつ大きなパワーをいただきました。
介護士さんや看護師さん、いろいろな方の協力があり、気遣いがあり、私たちの施術がスムーズにできています。その環境を当然と思わずに、しっかり挨拶をし、緊張感を持ちながらも笑顔で、真心を込めた施術をし、皆さんに喜んでいただけるように頑張ろうと改めて思いました。

2018年3月15日

施術の現場から2

そして、年末にお客様が亡くなった際にご家族が「最後まできれいにしていただいてありがとうございます」と言ってくださっていたことを施設長様から伺いました。施設長様ご自身にも「今回はとても勉強になりました。これからもよろしくお願いします」とありがたいお言葉をかけていただきました。

今回の経験から「ただ単に危険だからとお断りすることが最善ではない」と感じました。
お身体が不自由な方にとっては、同じ姿勢で座っていることも容易ではありません。施術する私たちにとっても、安全のために気を付けなければいけないことがたくさんあります。
しかし「危ないし、大変だからできません」では、お客様やそのご家族のお気持ちはどうなるのでしょう。
私たちができる限りの工夫と配慮をしていけば、危険は減らすことができます。施設の職員さん達とも連携を密に取っていけば、よりスムーズに施術ができるようになります。
いかにして、お客様とそのご家族のご希望に添えるように、喜んでいただけるようにしていくかを改めて考えさせられました。
そして、多くの方々に喜んでいただける仕事ができることに感謝し、より一層仕事に取り組みたいと思います。

2018年2月28日

施術の現場から1

今回は現場で実際に起きたことをお話していこうと思います。
昨年、シャンプー中に体勢が崩れてリクライニング車椅子から滑ってしまい慌てたことがありました。その時には、幸いにもお客様をすばやく抱きかかえることができました。念のため病院で診ていただきましたがお怪我もなく、本当にホッといたしました。
過去に起きた事故について資料で読んだり、実際にいろいろな場面を想定して研修をしたり、勉強をしていても想定外のことが起きることを、身をもって感じました。お怪我がなかったとはいえ、今回の出来事を受け、今後の施術をお断りした方がいいのではないかとも考えました。

その後、施設様にお詫びに伺った際にご家族の意向をお聞きしました。それは「最後まできれいにしてあげたい」というものでした。年齢を重ねてお身体の自由がきかなくなっても、最後まで身だしなみを整えてあげたい、という気持ちは痛いほどわかります。お断りしたほうがいいのでは、という考えと、ご家族の意向の狭間で悩みました。

ご家族のお気持ちや、「できる限り協力する」と言ってくださった施設の皆さまの想いに背中を押され、引き続き施術をさせていただくことになり、スタッフ間はもちろんのこと、施設職員の皆さまにも協力してもらいながら、シャンプーやカットをさせていただいていました。
長くなりましたので、続きは次回お話します。

2018年1月26日

ビーサポ全国会議を開催しました。

2018年1月22日(月)に、東京のフクラシア品川にて、「2018年ビーサポ全国会議」を開催しました。
今回も、各エリアの代表者が集まり、訪問理容・美容業界の動向の確認、感染症対策に関する最新情報の共有、そして、スキルアップのための研修をいたしました。
私たちビーサポは、全国のご利用者様、施設や病院の皆様に安心して訪問理美容サービスをご利用いただけるよう、引き続き、スタッフ一人一人のレベルアップに努めて参ります。
今年も1年よろしくお願いいたします。

2017年11月15日

blog_201711161

感染症・衛生管理セミナーを実施しました。

ビーサポ愛知・三重エリアのスタッフが10月31日に「感染症・衛生管理セミナー」を受講しました。約20名が参加し、感染症.comの講師から感染症についての知識や、感染させないための徹底した衛生管理を改めて学びました。

「感染症予防のためにマスクと手袋を必ず着用する」というルールを設けていますが、動きにくさや暑くて面倒だなと思うこともあるでしょう。しかし、感染症の恐ろしさを正しく理解していれば、ご利用者様のことを一番に考えていれば、このルールがいかに大切であるかわかります。“何故そうしなければいけないのか”の背景を知ることで、衛生管理のルールを「やらされている」のではなく、「率先して実行する」になるのです。

参加したスタッフからは口々に、「今日参加できていないスタッフにも共有しないといけないですね!」「今一度、しっかり徹底しようと思います!」といった声が上がっていました。

私たちが接するご利用者様は、病院の入院患者様、介護福祉施設の入居者様など、免疫力の低い方も多くいらっしゃいます。十分すぎるほど気を付けていてはじめて、安心して利用いただけるサービスを提供できるのだと思います。気を引き締めて施術させていただきます。

2017年10月26日

blog_201711162

ウィルスの運び屋にならないために

朝晩、冷えるようになってきました。これから寒くなってくると、インフルエンザが心配ですね。ビーサポでは、愛知・三重エリアのスタッフを対象に「感染症・衛生管理セミナー」を実施いたします。

インフルエンザやノロウィルスなど、よく聞く名前でも詳しくは知らないことが多いですね。それぞれのウィルスがどういう症状を引き起こすのか、どういう点に気を付けていけば感染を防げるのか、知っているのと知らないのとでは、施術にあたる心構えひとつとっても大きく違ってきます。

ご利用者様が感染しないように気を配ることはもちろんですが、私たち自身が感染しないこと、ウィルスの運び屋にならないことはとても大切です。衛生管理はご利用者様の為だけではなく、私たち自身のためでもあります。消毒液の使い方をしっかりマスターし、ご利用者様や施設のスタッフ様にもご安心いただけるよう、これからも知識を吸収していきたいと思います。

2017年9月15日

blog_201711163

訪問理容・美容の衛生管理

私たちビーサポは、各エリアの店舗での施術だけでなく、病院や介護福祉施設、ご利用者様のご自宅などを訪問し、施術を行っています。

自分たちの店舗であれば、衛生管理がしやすいように、自分たちのやりやすいように、といったことは容易ですが、それが施設様やご自宅では勝手が異なります。店舗での衛生管理よりも更に高度な衛生管理対策が必要になるのです。どんなウィルスが流行しているか、そのウィルスにはどういう対策が有効か、等の最新情報も常に頭に入れておかなければいけません。

ビーサポでは、定期的に社内研修や感染症・衛生管理セミナーを実施しています。そして各店舗で問題点を洗い出し、さらに改善の工夫をし、社内研修で情報共有をしていきます。衛生管理に「これで絶対に大丈夫」はありません。常に危機意識を持ち、細やかな対応、丁寧な施術を心がけてまいります。

2017年8月18日

blog_201708182

社内研修を行いました

私たちビーサポは、感染症セミナーだけでなく、レベルアップのための社内研修を実施しています。今回はビーサポ神奈川を代表して2名が岡山で研修を受けました。

ご利用者様は、病院をはじめ介護福祉施設の方も多数いらっしゃいますので、車椅子やベッドで施術を行うことも多くあります。理容師・美容師にとっては、ご利用者様の安全確保にいつも以上の配慮が必要になるため、研修で勉強するだけでなく日々の仕事の合間にも繰り返し練習をしています。

ベッドでの施術の注意点などもしっかり確認し、2名は大変勉強になったと帰っていきました。

何度もお任せいただいているご利用者様でも、その日その日で体調はさまざまです。マニュアルだけの注意確認ではなく、コミュニケーションをとり、ご利用者様の様子を拝見しながら「体勢に無理はないか」「体調はどうか」なども考えて施術を行う必要があります。

今回の研修で学んだことを、またビーサポ神奈川内でも共有し、スタッフ全体が成長していきたいと思います。ご利用者様はもちろん看護者・介護者の方にも安心してお任せいただくため、これからも研修を続けていきます。

12